風評被害対策会社・徹底ガイド » 【サイト種類別】ネットの企業悪評の消し方

【サイト種類別】ネットの企業悪評の消し方

ネット上に書き込まれた企業の悪評を消す方法について、サイトの種類別に解説しています。

影響が出る前に対処!ネット悪評を消す方法とは?

いまや、どんなサービスや商品も口コミ情報がネット上に書き込まれる時代。消費者はネットの評判を見て商品や会社を選ぶので、ネット上の評判は企業に大きな影響を及ぼします。そのため、どんな企業でもネット上の悪評には素早く対処することが必要なのです。

ここでご紹介するのは、ネット上に書き込まれた悪評を消す方法。早めに消すことができれば、それが広く知られて影響が出るのを防ぐことができます。ネットの悪評に困っている方はぜひチェックしてみてください。

今すぐ対策するべし!ネット風評被害のリスク

ネットの悪評はすぐに対処しないと、大きな被害を被ることになります。まずはネット上の悪評がもたらすリスクについて解説します。

ネットの悪評はどこから広がる?

ネットの悪評がもっとも書き込まれやすいのは、掲示板サイトです。その代表例と言える「5ちゃんねる(元2ちゃんねる)」や、日本全国のローカルな話題が投稿される「爆サイ」にはあらゆる種類のスレッドが立ち、どんな業種でも悪評を書き込まれても不思議ではありません。

不動産に限定した「マンションコミュニティ」や「e戸建て」など、消費者・ユーザーが購入の前にチェックするであろう専門的な掲示板も存在します。このような掲示板に書き込まれた商品やサービスへの誹謗中傷が、風評被害を引き起こすのです。

口コミサイトや通販サイトのレビューにも、悪評が書かれることがあります。嫌がらせのように悪評を書き込む人がいますが、買い物をする人はこれらのサイトを参考にするので、悪評が売上に大きな影響を与える可能性があります。

最近ではFacebookやTwitter、InstagramなどのSNSからの被害も増えています。SNSは「共有する」という特性を持っているので、個人の書き込みであってもその影響力は軽視できません。

閉店や倒産に追い込まれることも…

商品やサービスへの悪評がネット上で広まった場合、どんな被害が起こるのでしょうか?まず考えられるのが、売上の低下です。ひどいケースになると、閉店や倒産に追い込まれることも。悪評が事実であってもそうでなくても、企業に与えるダメージは計り知れません。

例えば、「あの会社はブラック企業だ」と書き込まれた場合、その企業のブランドイメージは大きく損なわれます。取引先や金融機関からの信用も失われるだけでなく、従業員のモチベーションが低下したり、退職者が続出するといった事態を引き起こします。求人を出しても応募者が集まらないため、慢性的な人手不足に陥ります。

拡散される前に、早期発見・早期対策を!

これらの影響は、早い段階で悪評を見つけて対策をしていれば、被害は最小限に食い止められるもの。つまり、悪評が多くの人の目に触れる前に、書き込みを削除すればいいのです。一旦拡散された悪評を完全に消すのは非常に困難です。悪評を見つけたら、とにかく素早く対策することが求められます。

ネットの悪評はどうやって消す?

では、そんな悪評を削除するにはどうしたらいいのでしょうか。

一般的な悪評の消し方

まずは、悪評を書き込まれたページをプリントアウトしてURLを控え、証拠を残しておきます。そのうえで、掲示板なら管理者に、SNSなら書き込みをしたアカウントの持ち主に連絡をします。

連絡が取れない場合は、掲示板・SNSの運営会社やホスティングプロバイダに「送信防止措置依頼書」という書類を送る必要があります。

これでも対応してくれない場合は、警察や法務省の人権擁護局などに相談することになります。しかし、それで削除がされるのは、あくまで書き込みによって人権が侵害されている場合のみ。これが認められなければ削除は難しいでしょう。

基本的な削除方法は上記のとおりですが、サイトごとによってその方法は微妙に異なります。下記にサイトごとに削除の仕方をまとめましたので、参考にしてみてください。

自分で悪評を消すのは難しい!まずは業者探しを

悪評を自分で消すのは不可能ではありませんが、通常の業務と並行しながら行うのはかなりの労力を要します。サイトの運営会社に連絡したり、裁判所に書類を送るなど、煩雑な作業が少なくありません。

風評被害に遭ったら、まずは専門的な知識と技術を持つ業者を探してみましょう。これらの事務的な手続きを代行してくれるだけでなく、ネガティブな書き込みがないか、日常的に監視してくれます。当然、警察や法務省ではここまではやってくれません。

スピーディーに幅広く対策してくれる業者がベスト!

ネット上の悪評は、瞬く間にあちこちに拡散されるもの。例えば、掲示板サイトに悪評を書き込むスレッドが立つと、それが複数のまとめサイトに掲載され、SNSでシェアされ、検索エンジンでも悪評がサジェスト表示されるようになってしまいます。

業者を選ぶ際には、スピーディーで且ついろんなサイトに幅広く対策してくれる会社かどうかをきちんと見分けましょう。それが風評被害を最小限に食い止める鍵になるはずです。

おすすめの業者3選はこちら
最短一日で対応できる風評被害対策会社3選

会社の悪評を最短1日で削除!頼りになる風評被害対策の業者をピックアップし、費用やサービス内容で比較しました。

イチオシ風評被害対策の会社3選はこちら