風評被害対策会社・徹底ガイド » 【サイト種類別】ネットの企業悪評の消し方 » ツイッター(Twitter)の書き込みを消したい(SNS編)

ツイッター(Twitter)の書き込みを消したい(SNS編)

Twitterの悪評書き込みを削除する方法とは?

SNSの中でも、気軽に投稿できることで人気なのが「Twitter」。日々のつぶやきはもちろん、商品やサービスのレビュー、お店の評価などもたくさん書き込まれていて、世の中のトレンドが反映されているサービスでもあります。

ご存じの方も多いと思いますが、その気軽さが災いして悪評や誹謗中傷が拡散されたり、企業アカウントが炎上してしまうことも少なくありません。簡単に情報を拡散させることができるツールなので、悪評が書き込まれたら削除してもらうよう対策を取らなければなりません。では、Twitterの書き込みを削除してもらうにはどうしたらいいのでしょうか。

誹謗中傷や悪評被害の恐れがある場合は、Twitterヘルプセンターの問い合わせフォームから運営元に通報することができます。通報されたアカウントは、調査のために一時的に凍結されるので、拡散を食い止めることができます。

時間がかかると拡散のリスクが増してしまう

Twitterの怖いところは、「リツイート」という機能を使えば誰でも数秒で情報を拡散できるところ。悪評が事実であってもそうでなくても、よく情報を読まずに拡散させてしまう人が少なくないのです。そのため、対策が遅れれば遅れるほど情報はあっという間に広まってしまいます。

通報によって大元のツイートが削除されたとしても、その頃にはもう情報が多くの人に知られてしまい、対策が取れなくなってしまう可能性もあります。通報だけなら自力でもできますが、それだけでは不十分なことも多いのです。

専門の業者なら包括的に対応してくれる!

悪評がTwitterで広まってしまうと、それが2ちゃんねる(5ちゃんねる)やまとめサイト、他のSNSで拡散されてしまう可能性があります。そうなると、Twitterの削除依頼・通報だけでは収拾がつかなくなります。

そこで必要なのが、専門の業者によるネット悪評対策。包括的にネット上の悪評の対策をしてくれるので、風評被害を最小限に抑えることができます。中小企業や、ローカルなお店でも、Twitter上で炎上するリスクがある時代。ネットの悪評対策の専門業者があることを知っておいて損はありません。

おすすめの業者3選はこちら
最短一日で対応できる風評被害対策会社3選

会社の悪評を最短1日で削除!頼りになる風評被害対策の業者をピックアップし、費用やサービス内容で比較しました。

イチオシ風評被害対策の会社3選はこちら